よたにっき

思っている事の書き連ねです

好きなもの

人間として生活を営んでいる以上、私にも好きなものがある。その中でも特に好きなのが散歩だ。

英語で書くとTake a walkだけど私は自転車を使う。散策といった方がニュアンスが合っている。川沿いを走ったり、山の中に行ってみたり。中でも住宅街を走るのが好きだ。

人影はなくても実際にそこで生活している人の気配や空気を肌で感じる。人の営みが発する暖かさに触れて涙が出そうになる。

最近で良かったのは川沿いに生える桜の木の下を自転車で通っていったこと。桜達が肩を寄せ合って影を作り、その中を行く人々を優しく見守っているようにみえた。ひらひらと散る花びらが輝いている。たまらなく美しくて泣きそうになった。多分周りに誰もいなかったら泣いていた。自分は涙脆い方だと思う。

散策を重ねていくとあの景色ってあの時だっけとか、あの日はどういうコースで行ったっけとか記憶が曖昧になってくるので、記録するために日付がついた写真を撮ることにしている。f:id:yotanionline537:20180522220737j:plain

Twitterを始めて色々な人から影響を受けた。特に『水辺』さん(@aomidorinomizu)が撮る写真に最も影響を受けた。

f:id:yotanionline537:20180522220944j:plain

カラフルな遊具が集まる公園。小さい頃、こんな公園で遊んでいた記憶がある。

※本人に画像使用の許可を得ています。

水辺さんが撮る写真にはノスタルジーがたくさん詰まっている。

f:id:yotanionline537:20180522221032j:plain

船が行き交う港。こんな場所に観光に行きたい。

f:id:yotanionline537:20180522221049j:plain

春の海。白波と夕焼けのコントラストが素敵。

水辺さんは名前の通り素敵な水辺の写真をたくさん撮っている。私にとっての「水辺」は高架である。

f:id:yotanionline537:20180522221122j:plain

クリーム色の歩道橋に白い高速道路の組み合わせ。

歩道橋や高速道路、高架鉄道などが大好きなのだ。高速道路に沿って走る車や橋を支える脚にツタが這っていたり、そういった高架がある風景がたまらなく好きだ。欲を言えば高架と付き合いたい。

散歩をするときにはいつも一人だが隣に誰かいればもっと楽しくなるだろうと思う。散歩を一緒にしてくれるような人、いませんかね。写真を撮るのは楽しいから今後も散歩して私だけの「水辺」を探していこうと思う。